MT4

MT4の設定

自動売買するためにMT4の導入から設定方法を紹介します。

FXをする上で欠かせないのが、トレード用のプラットフォームです。

国内のFX業者は、概ね各社独自のプラットフォームを使用しておりますが、世界的な観点ではMT4が主流です。

グローバルスタンダードプラットフォームと言えるのは、MT4(MetaTrader4)以外には現時点ではございません。

MT4はAPIを開放していますので、MT4用インジケーターやEAの開発を世界中のプログラマーがしており、MT4への移植も大変簡単なため多くのトレーダーが有料無料にかかわらず利用しております。

今回、MT4のセットアップから、MT4で動作させるEA(エキスパートアドバイザー)の動かし方までを解説いたします。

MT4のダウンロードからセットアップ方法

まず、MT4をダウンロードするのに、どのFXブローカーからするかを決めないとなりません。

今回、日本で一番人気があり、口座開設者数が非常に多い、XMTRADINGのMT4をダウンロードしながら説明をして行きます。

XMTRADINGに事前に口座を開設して、「MT4用ログインID」「パスワード」「MT4サーバー名」を受け取っておいてください。

MT4のダウンロード&インストール

XMTRADINGのトップページから、下記画像中央の、「プラットフォーム・ダウンロードセンター」をクリックします。

MT4のダウンロード&インストール

MT4ダウロードのコーナーへ飛びましたら、MT4とMT5が有りますが今回はMT4を選択して、ダウンロードを開始させます。

セットアップを尋ねますので「実行」をクリック

セットアップ「実行」をクリック

規約に同意を求められるので「次へ」をクリック

規約に同意を求められるので「次へ」をクリック

「完了」をクリックしインストールは完了します

「完了」をクリックしインストールは完了します

MT4のサーバーは事前に受け取った情報を選択します

MT4のサーバーは事前に受け取った情報を選択します

MT4のセットアップ方法

MT4サーバーを選択した後、ログインIDとパスワードを尋ねられますので、受け取った情報を入力してログインします。

アカウントタイプ選択

MT4が起動してきます。

MT4新規チャート

MT4が起動しましたら、ファイルから新規チャートを開いてトレードしたいチャートを準備します。

MT4がセットアップできましたので、EA(エキスパートアドバイザー)を動かす準備に入ります。

EAで自動売買をしてみよう

MT4がセットアップできましたので、EA(エキスパートアドバイザー)を動かす準備に入ります。

その前に、EAを動かすメリットとEAを動かす上での注意点を書いて行きます。

EAを動かすメリット

FXをするという事は、一般的には「裁量トレード」をするという事を意味します。

要するに、トレーダー自身がテクニカル分析とファンダメンタルズ分析をしたうえで、エントリーポイントを決め、利益確定決済や損切決済をも状況を判断して決めます。

しかし、FXを裁量トレードで勝ち続けるのには、分析やトレーニングは勿論ですが、努力だけでは超えられない壁が有るのも事実です。

FXをする上でトレーダーに大きく影響を与えるのは、第一に「入手した情報(テクニカル分析とファンダメンタルズ分析)」、第二は「構築した論理(ロジック)」、そして、第三が人として誰でも縛られる「感情(メンタル)」によりトレードの決定をすると言われています。

最大のマイナス要因となるのは、人の感情(メンタル)です。

そこで、第三の要因である感情=メンタルを切り捨てた情報と論理(ロジック)のみでトレードを続ける、システムトレードが人気になってきました。

また、MT4ですとEAを動かすのに最適な環境で有ることも、人気に拍車がかかりました。

そして、最大のメリットは、FX初心者の人でも確りしたロジックを基に出来ているEAを選べば、知識や経験が無くともプロトレーダー並みの成績を出すことも可能です。

EAを動かす注意点

FXのマーケットは24時間動いていますが、トレーダーが自宅のパソコンを24時間稼働させるのには、多少無理があります。

OSの自動更新やPCトラブルそして他者に触れられてしまうなど、PCを再起動せざるを得ない事態が発生する場合もあります。

そこで、VPS(Virtual Private Server)を用意してそこにMT4をセットアップし、EAを動かせば最適な環境になります。

そのサーバー代の費用が月々掛かってしまいます。

更に、トレーダー自身でEAを用意しないとなりません。

自身がEAを作れれば思い通りの動作をしてくれますが、世界中に存在するEAの中から最適なものを探すのもなかなか大変な作業です。

EAの基になるロジックの良し悪しを、バックテストやフォワードテストを参考にして決めないとなりません。

そして、EAは相場にマッチしない時期にはドローダウンが発生しますので、その対策も決めておかないとなりません。

EAのセットアップと設定方法

では、コンスタントに収益を上げそうなEAを見つけて、実際にMT4にセットアップして、バックテストをさせてみましょう。

良いEAの見つけ方

Mt4にもサンプルとして、移動平均線とMACDを利用したEAが用意されています。

トップ画像に使ったのはその中の、移動平均線を使用したEAのバックテスト画像ですが、グラフは右肩下がりのダメEAです。

EAの種類は大まかに分けて、短期足でスキャルピング主体、一日に1回~2回しかポジションを取らないデイトレード型、更に長い期間ポジションを保有するスイングトレード型、ナンピンやマーチンゲールをするタイプ、日本で人気のトラップリピート系などが有ります。

どのタイプが自身のスタイルに合うのかも、EAを決めるポイントになります。

良いEAの条件をまとめ
  • バックテストデータは10年~15年程度の期間は見たいです。(この間にリーマンショックが含まれます)
  • フォワードテストデータも開示しているEAを選びたいです。
  • プロフィットファクタ(総利益額と総損失額の比率)が1.5以上のバックテストデータが出たEAを選びたいです。
  • ドローダウンが小さいEAを選びたいです。(最大でも資産の5%内に押さえられるEAが良いです)
  • エントリー回数が極端に少ない、逆に極端に多いEAは避けましょう
  • ナンピンはまだしも、マーチンゲールをするEAは失敗すると大きな損失になるので避けましょう。
  • 上記の条件が揃いますと、キレイな右肩上がりの資産グラフになりますので、その様なタイプを選びましょう。

※海外になりますが上質なEAが無料で利用できるサイトを紹介いたします。

EAのセットアップ方法

では、私がFOREX FACTORYからダウンロードしてきた「Turtle Trading EA.ex4」を例にして行きます。

試されたい方は下記URLからダウンロードできます。

https://www.forexfactory.com/attachment.php/3579268?attachmentid=3579268&d=1584244220

ダウンロードの保存先はMT4のデータフォルダになります。MT4のメニューバー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックします。下記画像のMQL4内に「Experts」フォルダ内に保存をします。

MQL4内に「Experts」フォルダ内に保存

事前にMT4のメニューバーからオプションを選択し、エキスパートアドバイザーのタプで自動売買を許可するにチェックを入れておいて下さい。

メニューバーの表示から「ナビゲーター」をクリックして、エキスパートアドバイザーの中にある「Turtle Trading EA」を使用したいチャート上にドラッグアンドドロップをします。

ドラッグアンドドロップ

ドラッグアンドドロップをしますと、パラメーター設定のボックスが開きます。

次に、ツールバーの「自動売買」をクリックしますとチャート上に「Turtle Trading EA」の名前と😊マークが表示されます。

EAを止めたいときは再度「自動売買」をクリックしてオフにします。

EAをチャートから外したいときはチャート上で右クリックし、エキスパートアドバイザーから削除を選択しますと外せます。

EAのバックテスト

次はダウンロードした「Turtle Trading EA」のバックテストをしてみます。

ツールバーの「ストラテジーテスター」をクリックします。

ストラテジーテスター

エキスパートアドバイザーに「Turtle Trading EA」を選択しスタートボタンを押しますと、チャートが開きバックテストが始まります。

今回は過去データを用意していませんので短期間の2020年1月1日から4月7日までを動かしてみました。

ドル円30分足チャートに適用して、パラメーターの設定はデフォルトのままで行いました。

期間が短くパラメーターも変更していませんので、負けはしませんでしたがあまり良いパフォーマンスにはなりませんでした。

バックテストの見方や詳しいやり方はこちらでも説明しています。

バックテストの見方
EAのバックテスト結果でわかってしまうことEA検証を行なう際に、重要なプロセスの一環としては、バックテストは不可欠です。右肩上がりのグラフは見た目いいですが、本当に安心できるEA...

まとめ

今回、MT4XMTRADINGからダウンロードして、無料で使えるEAをセットして動作の確認をしてみました。

FXで自動売買をする為には優秀なEAを見つけ(或いは作成し)VPSを用意して始めないとなりません。

また、EAのバックテストは、1年~5年程度の短期間のバックテストでは不十分で、10年~20年のデータを基にして行なったEAを選びたいです。

また、長期間のバックテストデータを表示している場合は、カーブフィッティング(過剰最適化)されているケースも有るので、ロジックをある程度は説明しているEAを選びたいです。

また、優秀なEAでも相場が適合しない時期もあり、ドローダウンが発生してしまう可能性が有ります。

対応策としてEAを複数用意しシステムを組み合わせる、ポートフォリオを組むのが良いでしょう。

自動売買だからと、放置はせずに相場の監視は勿論、常に最新情報を入手し、FXの学習も怠らないようにしないとなりません。

ブログランキングに参加していますクリックしてね

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 自作EA派へ
にほんブログ村