VPS

VPSの導入から設定方法を解説

FXでシステムトレードを考えている方は、VPS(Virtual Private Server)の利用も検討し、どのVPSを使うのが良いか、悩まれている方も多いかと思われます。

そんな方々に向けて、有益な情報となりますようにこの記事を書いて行きます

自宅のパソコンにMT4をインストールしてEA(エキスパートアドバイザー)を、動かすことも出来ますが、FXのマーケットは24時間開いております。

そのFX市場に個人のパソコンを、24時間稼働させてマーケットに対峙させるのは現実的ではありません。

OSのアップデート、システムエラー、停電などでシャットダウンが強制的に発生するケースも有ります。

VPSを事前に用意しておけば、その様な問題はすべてクリアされます。

EAの設定が完了しますと、仕事中も寝ている間も動作し続けて収益を上げてくれます。

今回は有料無料にかかわらず、VPSの導入から設定の仕方まで解説を致します。

VPSの導入

VPSを導入するのに当たり、FXブローカーが無料で貸し出すものや、国内の企業が運営している有料のVPS、どちらを使うのが良いのかを複数のVPS会社を並べて検討してみます。

無料で使えるVPS

Gemforex

利用条件…口座残高50万円以上(口座残高30万円以上で全EAを無制限でダウンロード可能)

XMTRADING

利用条件…口座残高50万円以上(一ヶ月に最低5往復Lotもしくは500往復Micro Lotの取引)

FBS

利用条件…口座残高450USD以上(一ヶ月に最低3往復Lotの取引)

HotForex

利用条件…口座残高5,000USD以上を維持

会社名 Gemforex XMTRADING FBS HotForex
サービス名 無料VPS 無料VPS 無料VPS 無料VPS
OS Windows Server 2012 Windows Server 2012 Windows Server 2012 Windows Server 2012
CPU 1Core 2.4GHz 2 Core 不明 1Core
メモリ 1GB 1.5GB 4GB 1.3GB
ディスク容量 不明 20GB 60GB 25GB
ディスク形式 不明 HDD HDD HDD
利用条件 口座残高50万円以上 口座残高50万円以上 口座残高450USD以上 口座残高5,000USD以上

※無料のEAを無制限でダウンロード可能なGemforexを選択するのがベターですね。

※CPUは不明ですが利用条件が緩く、メモリが多いFBSも良いかもしれません。

有料のVPS

有料VPSを料金とサーバーの性能差を比べて候補を絞りましょう。

対象は下記の4社を比べて表にしました。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4

ConoHa VPS(for Windows Server)

FX専用VPS使えるねっと

ABLENET(エイブルネット)

会社名 お名前.com ConoHa VPS 使えるねっと ABLENET
サービス名 デスクトップクラウド

for MT4

for Windows Server FX専用VPS(シルバー) FX専用VPS
OS Windows Server 2019 Windows Server 2019 Windows Server 2012 Windows Server 2012
CPU 2Core 2Core 3Core 2Core
メモリ 1.5GB 1GB 2GB 1GB
ディスク容量 60GB 50GB 50GB 60GB
ディスク形式 SSD SSD SSD SSD
費用(1ヶ月) 1,230円

(キャンペーン中)

通常1,560円

1,800円 2,980円(2年契約2,280円) 1,250円

(キャンペーン中)

通常1,981円

初期費用 無料 無料 2,000円

(1年以上契約無料)

無料

(キャンペーン中)

※上記比較以外では、通信回線の違いやサーバーの設置場所でもパフォーマンスは変わります。

比べてみると、一番経費が安く済む、お名前.comの利用がベターな選択になります。

只今、キャンペーン中で上記価格が下記の料金体系になります。

メモリ1.5GBプランですと、月々1,230円の料金になりますのでお得だと思います。

お名前.comへ申し込み

お勧めプランのメモリ2GB、CPU3コア、SSD120GB、月1,630円を申し込みます。

MT4を複数動かす必要が有る方は、メモリが多いVPSを選択した方が断然良いです。

1.5GBプランでもMT4の起動を10件以上しても大丈夫でしょうが、恒常的な利用を考えた場合、2GBプランを選択しました。

支払い方法は月払いを選択しました。

キャンペーンが終わりますと料金が変わり高くなりますので、長期にわたり自動売買を考えている人は36ヶ月払いを選択した方が、お得だと思います。

メールアドレスと、パスワードを決めて「次へ」をクリックします。

次に個人情報を入力して、支払い方法へ進みます。

支払い方法はクレジットカードでの支払いになりますので、必要な情報を入力して申し込みます。

手続き完了のメールが届き、記載されているURLをクリックしますとPIN番号記載されたページへ移動します。

「電話を受ける」をクリックしますと、電話がかかってきますので、「PIN番号」を入力し「♯」を押します。

これで、認証が完了します。

その後、サービス設定完了のメールが届き、お名前.comの「 Navi」にIDとパスワードを入力してログインします。

ログイン後、「デスクトップクラウド」をクリックします。

画面が変わりましたら、「コントロールパネル・ログイン」をクリックします。

コントロールパネルホームが開き、申し込んだ内容が記載をされています。

「初期設定へ進む」をクリックし、次の画面で「ユーザー名」と「パスワード」の初期設定をします。

次に、リモートデスクトップの設定に進み、RDPファイルのダウンロードをクリックします。

RDPファイルは接続先・ユーザー名・パスワードがセットされているショートカットファイルです。

このファイルをご自身のPCデスクトップに置きダブルクリックすると簡単にVPSにログインができます。

VPSのデスクトップにある、「Desktop Cloud MT4 Installer」のアイコンが有りますのでダブルクリックして目的のFXブローカーのMT4が有れば簡単にセットアップ出来ます。

無い場合はその下の「Google Chrome」を使い、目的のFXブローカーのホームページからダウンロードをしてVPSにインストールをして下さい。

VPSにインストールしたMT4の設定

目的とするFXブローカーのMT4がダウンロードできましたら、MT4の動作を軽くするために、利用しない機能は使えなくしておきましょう。

まずは、MT4のメニューバーの「ツール」から「オプション」を選択し、サーバータブの「ニュースを有効にする」のチェックを外します。(VPSでニュースは見ないです)

次にチャートタブをクリックして、「再表示用に削除済みチャートを保存」のチェックを外します。

ヒストリー内の最大バー数は6000程度で十分です。

チャートの最大バー数も6000程度で十分です。

データが多いとMT4の動作が遅くなりますので、最低限の履歴で十分です。

※EAのバックテストはVPSで行わず、ご自身のPCで致しましょう。

次に音声設定タブの「有効にする」のチェックを外します。

VPSに音は必要ありませんのでチェックを外します。

VPS上のMT4で自動売買をする為だけに、EAを動作させやすくする設定は重要です。

自動売買をするのに必要のない無駄な機能は省いて、負荷を減らしMT4を軽くした方がミスなく自動売買が実行されます。

この後、お気に入りのEAをMT4にセットして、自動売買を始めて下さい。

まとめ

今回、EAを動作させるのに不可欠なVPSを、各社の料金とサーバー性能で比べ、実際に利用するまでを記事にしました。

数百種ある無料EAが使い放題なGemforexも魅力ですが、月々1630円と料金はかかりますがVPSの性能を考慮して、お名前.comデスクトップクラウドに申し込みをしました。

そして、VPS上で動作させるMT4が軽快になる設定方法を紹介いたしました。

是非とも、VPSを利用される際はこの記事を参考にして下さい。

ブログランキングに参加していますクリックしてね

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 自作EA派へ
にほんブログ村